スポンサーリンク

基本情報

タイトルスーパーマリオカートメーカー任天堂
ハードスーパーファミコンジャンルレース
発売日1992年8月27日価格8,900円(税込)

パッケージ

概要

マリオワールドでおなじみの、マリオやクッパ、ヨッシーたちがレースカートに乗って白熱のバトルを繰り広げる。コースはチョコレー島、バニラレイクなどマリオの世界がもとになっているのだ。また2人対戦モードも大きな魅力。

裏技

ミニカートに変身

ドライバー選択画面で、Yを押しながらAを押す。するとカーソルを合わせていたドライバーが小さくなり、そのままレースを始められる。ただし、1P・2Pの「マリオカートGP」と「VSマッチレース」の3つのレースでしかできない。

コンピュータと競える

まず本体にコントローラを2個つなぐ。次にドライバー選択画面で、どれでもいいから②コンのボタンを押す。するとCOMというカーソルが現れて、コンピュータのドライバーを②コンで選べるようになる。そのままスタートすると、コンピュータが操るキャラとタイムアタックができる。

ゴーストをセーブ

まずノーミスでタイムアタックを走る。次にコースチェンジなどのコマンドが表示されているときLとRを押しながらAを押す。するとメッセージが表示されて、バックアップラムにゴーストがセーブされる。

画面の上下を入れ換える

まずコントローラを2個つないでおく。次にタイトル画面のとき②コンでLとRを押しながら1プレイヤーゲームを始める。すると②コンで1プレイヤーゲームができるようになり、上がコース画面で下がレース画面になる。

バナナを前に甲羅を後ろに

ミドリ甲羅を使うときに、下を押しながらAを押すと、ミドリ甲羅をコース上に置くことができる。またバナナの皮を使うときに、上を押しながらAを押すと、前にバナナを投げられる。

いろいろな角度でリプレイ走行

タイムアタックをノーミスで走ったあとリプレイを選ぶ。そしてリプレイ走行中にLかRを押す。するとドライバーを中心にして、視点を回転させることができる。

残りカート数が増える

マリオカートGPで、1位から4位のうちどれでもいいので3回同じ順位になる。するとカートの残り台数が1台増え、リトライの回数も1つ増える。

いきなりスペシャルカップ

タイムアタックかVSマッチレースのコース選択画面で、カップを選べる状態にして、L、R、L、R、L、L、R、R、Aの順に入力する。すると最初からある3カップに加えてスペシャルカップが表示される。これを選んでゲームを始めると、いきなりスペシャルカップをプレイできる。

デモで無敵

まずマリオが走ってくるタイトル画面を2回見る。このあと、マリオが2回めのときにバナナの皮で滑ったあと無敵状態になるので、Bを押してメニュー画面にする。そしてXでキャンセルすると、デモは最初からになるが、先頭のマリオが無敵状態で走ってくる。

販売サイト

プレイ動画

スポンサーリンク