スポンサーリンク

基本情報

タイトルあっぱれ! ゲートボールメーカーハドソン
ハードPC-Engine/
PCエンジンmini
ジャンルスポーツ
発売日1988年12月22日価格4,900円(税別)

パッケージ

概要

変わり種ゲートボールゲーム。ルールが分からない人でもプレイできるように、ルール説明モードが付いているのが親切。プレイモードは対コンピュータ、対プレイヤーの2種類がある。

裏技

HU-GEESが出現

レベル4のコンピュータに勝つとHU-GEESが出現する。

ルール解説で怒られる

ルールの解説を聞くと、「どれも大切なルールだから…」といわれる。5回以上聞くと「もう忘れちゃったの…」といわれ、7回以上聞くと「あのねー!いいかげん、おぼえてよ!!」と怒られてしまう。

ボールが消えてしまう

対戦プレイでも対コンピュータ戦でも構わないから、第1打を打って第1ゲートを通過させる。次に、第2打を第1ゲートの中に戻すように打つ。すると、次の人がスタートセットして打とうとすると、初めに打った人のボールは第1ゲートのところにあるハズなのに、消えてしまっている。

ポーズがかかる

マルチタップを用意して、3P側にもパッドをつないでゲームを始める。すると3P側のランで、いつでもポーズがかけられるようになる。デモ画面やルール解説でもポーズがかけられる。

変な音が鳴る

レクチャーモードにして、条件のSETで①番ボールから⑨番ボールまでを同じ場所に重ねる。さらに⑩番ボールをその近くに置いて、⑩番ボールから始まるようにする。そして、⑩番ボールを重ねたボールに思い切り当てると、「リリリリリ」という音が鳴る。

販売サイト

プレイ動画

スポンサーリンク